ニキビ跡を消すにはプラセンタが有効 |  ニキビ跡を消したい!!クレーターは? |  ニキビ跡を消したいのなら美顔器も利用して!! | 

赤みのあるニキビ跡を消すにはピーリング

赤みがあるニキビ跡を消すということもなかなか難しいところ。普通にケアしていてはどうにもならないことなんです。ニキビ跡を消すためには、ニキビ跡を消すためのケアが必要なんです。赤みがあるニキビ跡、また色素沈着したニキビ跡を消すためには何が有効か?理解しておきましょう。

ビタミンC誘導体入りの化粧水も赤みがあるニキビ跡に有効とされていますが、ピーリングも有効的な方法です。エステでもできますし、市販されているピーリングケア商品で自宅でもケアが可能です。ただ、ポイントは「やり過ぎない」ということ。毎日行うというケアではなく、週1回、多くても2回くらいのケアじゃないと、肌に刺激が強すぎて荒れてしまう可能性があります。そう、週に1回、2回のニキビ跡へのスペシャルケアとして利用していくといいでしょう。

ピーリングというのはAHAやグリコール酸という成分によって、肌表面に残っている古い角質を分解、そしてはがすという作業を行います。古い角質が肌のターンオーバーを邪魔していますから、ピーリングを行うことでその邪魔がなくなり、ターンオーバーが整うことで赤みや色素沈着が改善していきます。

何もしなければそのまま、でも自宅でこうしたケアを少しずつ行うことで、未来の肌が違ってきます。

ニキビ跡を消す良質な食事

ニキビ跡を消したいということなら、食生活もしっかり考えていきましょう。食べ物というのは肌の健康に大きくかかわります。ニキビ跡を消すための食事はイコール、ニキビ予防になる食事。これ以上ニキビを作らないためにも、ニキビ跡を改善するためにも、しっかり食事のことも考えていきましょう。

ニキビ跡の改善にはよくビタミンC、A、Eなどを含む野菜類などを積極的に摂取するように、ということが言われます。これらビタミン類にはメラニン生成の抑制や肌のターンオーバーを正常にするなど、さまざまな効果があります。ただこのビタミン類以外でも、食事をするということについて、考える必要があることもあります。

それは、肌に影響が出やすい胃や腸など内臓に負担をかけるような食事をしないということです。胃や腸、というと主に消化器官ですが、内臓全体に負担が少ない良質な食事内容にするということがとても重要なのです。

せっかくビタミン類を多く摂取するようになっても、胃や腸が消化するために負担が大きいインスタント食品や趣向品、また脂肪の多い食事などを継続していると、次第に内臓は疲れてしまい、機能が低下してしまいます。この機能低下による弊害を受けるのが、肌です。ニキビができやすい、ニキビ跡は消えにくい、トラブルが多い・・・

こうならないように、「良質」な食事を心がけることが大切です。ファストフードやお菓子など油で揚げているお菓子や食べ物は、あまりいい油を利用していませんので胃や腸に大きく負担をかけます。

また酵素が豊富な食品や発酵食品等をうまく利用すると体の毒素を対外に排出する力があるので、消化器官に負担をかけることも少なくなります。ビタミン類に加えて良質な食事、そして発酵食品や酵素ドリンクなどをうまく利用してニキビ跡を消すための食事、考えてみませんか?

Copyright (C) 美容整形外科の看護師が教える自宅でこっそりニキビ跡を消す方法 All Rights Reserved.